<書籍を知る>『高校ラグビーは頭脳が9割』斉藤健仁

30歳になってペナルティキックとフリーキックでレフリーのジェスチャーが異なることを知ったほど本能が9割でラグビーらしきものをしてた

この本のvol.2が出る際には、関西学院高等部ラグビー部監督 安藤昌宏先生が取り上げられて、OBとして私がコメントしたい。

「おまえ誰や?」と言われそうだけど。

・監督たちに共通するのは、まず、何よりもラグビーの指導に対して情熱をもっており、ラグビーの指導を通じて高校生たちを人間として成長ささたいという気持ちがあるp250

<書籍を知る>『なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』佳奈他

池上先生のターゲットである、小学生~中学生向けに書かれているが、好きな仕事をする、得意なことを仕事にするという視点や考え方は、就活生も大人も勉強になる

・「好き」を活かせる仕事は1つだけではない
サッカーが好き
→プロサッカー選手、スポーツトレーナー、スポーツ記者、サッカーの用具開発者、クラブチームの広報

「好き」の理由を深く考えよう
料理が好きの理由は
・何かを作り出すことが好き→起業
・レシピ通りに作って、だんだんできていくのが楽しい→実験員
・味付けを工夫するのが好き→商品開発

<書籍を知る>『中学受験 男の子を伸ばす親の習慣』安浪 京子

男の子に限らず女の子にも通じる話題がたくさんで勉強になる。長女は取りかかりが早いがダラダラ勉強する(いい意味では粘り強い)、長男はなかなか勉強しないが、「本気モードに変えるわ」と言って始めたら早い(集中力がある)。それぞれの個性を見極めないといけないな。

・お父さんがかかわるのであれば、子どもにとことん寄り添ってあげてほしいp168

・「親のサポート」と「子どもの自主性」のジレンマp172

<書籍を知る>『最強の中学受験 「普通の子」が合格する絶対ルール』安浪京子

中学受験関連本で一番参考になった本。

・本書は、「優秀な子どもが最難関に合格する方法論」ではありません。偏差値にかかわらず、「やる気・本気が見えない」「成績が上がらない」「親子バトルになりがち」というご家庭が対象p5

・親がフォローすべき部分と、子どもの自立・主体性を育むために手を引く部分を明確にしておきましょうp67

・うちの子にはどういうよさがあるかを見極めることが大事p186

・家庭で大切にしたい「軸」を夫婦で親子で、家族で話し合い、そのうえでいろいろな学校を見に行きましょうp187

<書籍を知る>『中学受験で子供と遊ぼう』高橋秀樹、牧嶋博子

『中学受験 BIBIE』,荘司雅彦で、少し古い本だが家族で受験に取組む重要性がわかると紹介されていたので読んだ。
親がまず覚悟を決めること、子どもの意志を尊重する云々の前にそこが重要。妻とのガチバトルは既に11ラウンドに入り、僕はヘロヘロだがやるしかない。

・中学受験は親の確固たる意志がないと乗り切れないp28
・長男も、受験生というジャンル、12歳の遊びたい盛りの小学生というジャンルの両方に属している、ジャンルの間を揺れ動く長男の気持ちを、あくまで個人としてケアする。それができるのは親だけp158

<書籍を知る>『中学受験BIBLE』荘司雅彦

中学受験はしない!と宣言していたのが、ノウハウ本に手を出すほどに変節しました。妻がマンション友達から借りてきたので読まざるを得ないと言い訳
以下、抜粋。
・志望校を最終的に決めるのは「親」である。塾の先生は「合格できそうな学校についてのアドバイス」ができるp190
・中学受験は学力テストだけでなく、子供の性格や成長の度合いによって「あるべき親の関与」や塾の選択がまったく異なってくる。性格だけでなく、学力やそのときの精神状況にもかかわるから、親がどのタイミングでどこまで口を挟むかは、非常に微妙な問題p195

<書籍を知る>『中学受験は親が9割』西村則康

中学受験、悩ましい。中学受験はさせない⇒都立中高一貫校を受験⇒私立中高一貫校も選択肢に入れる。と進化、もとい、変化じゃないな、ぶれまくっている

以下、抜粋
・中学受験は夫婦間で基本的な方針が一致していなければなりません。p85
・「読書好き」でも国語ができない子
読書傾向や読書の仕方をよく観察してみると、どんどん飛ばし読みに慣れてしまって、あらすじだけを追っている。あまりストーリーと関係がない部分を飛ばしてしまっているp138
・中学受験で親がすべき最大の「仕事」、スケジュール管理に他なりませんp154

< Oton+toオトント寄稿>娘の誕生日パーティープロジェクトマネジメント

【子供をコントロールしようとするオトンへ】

子供たちが本来もっている力を育てようね、という話。

Oton+toオトント-父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない-

http://otonto.jp/?p=14167